ソーシャルビジネスオーナープロジェクト始動(SBO)

登録期間終了しました。

次の内容に興味のある方は、今すぐ無料オンラインプログラムで詳細を確認してみてください。
無料オンラインプログラムでお伝えする内容の一部をお伝えすると・・・

将来、お金の心配のない生活を
送るためのシンプルな方法とは?
「需要」に対して、「供給」が圧倒的に不足しているため、先行者利益を手にいれることができます。銀行口座に、多額の現金を残すことができる高収益ビジネスの始め方を詳しくお伝えします!
日本人のための本物の成功原則
「分かち合い」の精神とは?
煽りの集客、販売戦略、ダイレクトセールス..巷に出回る数々のビジネスメソッドや成功法則の多くは、海外から輸入された「一夜の成功物語」が前提です。真似をしてもうまくいかない理由は、ここにあるのです。 日本人ならではの「分かち合い」の美しい精神で成功する具体的な方法と、仕事をビデオで公開!
ソーシャルビジネスオーナーは
小資本にも関わらず大きく稼げる理由?
多くのビジネスが、開業初年度「赤字」なのにも関わらず、初年度から年収1000万円を受け取っても「黒字」になってしまうその驚きの仕組みを知ることができます。
実働時間、「週5時間」で高収入が
約束される具体的な方法を公開…
売上や利益を増やすために必死で働かないといけない時代に、一体どうやって週5時間労働でビジネスを回すことができるのか?その驚きの方法を公開します!
集客、セールス、インターネットを
使わないのに年商1億円!?
夢の年商1億円を達成しましょうという誘い文句の、ビジネス塾や講座がたくさんありますが、どれも胡散臭くありませんか?ソーシャルビジネスオーナーは「国」が認めた善良な事業にも関わらず、年商1億円を超えてしまうのです…
国が認める「優遇税制」で
圧倒的にキャッシュが残る理由...
ソーシャルビジネスオーナーは、届け出一つで開業することができます。 同時に一般の会社で必要になる、ある税金の納税が免除されます・・・ 起業したての経営者が陥る納税の罠を回避しながら高額な年収を手にいれる方法を公開!
自己犠牲が一切伴わない「社会貢献」をしながら、
年収2000万円!?...
慈善事業は、常に自己犠牲がつきまといます。 身銭を切ってまで他人を救える経済的な余裕がなければ成り立ちません。 国が、社会貢献をするあなたの収入を全面支援してくれる理由を包み隠さず公開しました!
未払い金、代金回収不能リスクが
一切ない理由...
ソーシャルビジネスオーナーは、国に報酬を請求することになります。なので、真面目にビジネスをやっていれば、国から毎月自動的にお金が振り込まれるようになります。しかも、その請求作業も自分でやる必要さえないのです!
向こう20年、30年の
売上、利益が約束される理由...
97%の会社が、10年で倒産すると言われていますが、そんな時代でも起業当初から20年、30年の売上、利益が「ほぼ」約束されたも同然になってしまう、そんな理想の安定収益ビジネスに小資本で参入するベストなタイミングをお伝えします!
大手が決して参入してこない
衝撃の業界の新事実が明らかに...
中小企業が敵わないライバルは、大手企業です。ところが、ソーシャルビジネスオーナーに限っては、高収益ビジネスにも関わらず大手企業がこぞって参入を辞退しているのです。その背景を詳しく解説!
やることは「名刺を置いてくる、挨拶まわりだけ」
面倒な営業不要?
営業回りをしたことがある人なら、わかると思いますが・・・名刺を渡した直後の相手から「営業されるのは面倒」という微妙な空気が流れます。 そんな不快感を一切感じることなく、機械的に名刺をおいてくるだけで、後は口コミで仕事が入る理由をお伝えします!
後継者問題、事業承継問題が解消された
「みんながやりたがる仕事」
赤字の会社、お先真っ暗、競合の激しい薄利多売の会社を受け継ぎたい人はいないと思います。 しかしながら、ソーシャルビジネスオーナーの仕事は、誰もが「理想とするビジネス」なので事業承継、M&Aもスムーズにできてしまいます。 その理由を解説します!
毎月の売上ノルマ、部下の育成、
管理のストレスが無い理由
世の中の多くの営利目的のビジネスは、営業マンやその上司が毎月の売上、利益のノルマに追われて必死です。 ストレスが原因でうつ状態に陥る人も…そんな心配が一切ないのに高収益なビジネスができてしまう秘密をお伝えします!
日本が抱える3つの社会問題を解決!
国から感謝される理想のビジネス
高齢化社会、人口減少、空き家問題・・・(他にも、まだたくさんありますが・・・)この問題を解決してくれるお手伝いをしてくれる経営者に対して、国が報酬を準備してくれているのです。 助成金、補助金、給付金…国家予算からあなたの給料を受け取る方法を具体的に解説!
億単位の預貯金を片手に
早期引退する方法
ソーシャルビジネスオーナーは、1年目で年収1000万円、2年目で2000万円以上を、他力本願で達成可能です。 複数の収入源を持ち億単位の預貯金を片手にビジネスを譲渡。 経営の現場から引退するのも夢ではありません!
「バツイチ、高校中退、ゲーム好き」
前職「おくりびと」の中年男性が 年収3000万円を稼げた理由!?
「高校を中退した人が、こんなにお金を稼げるなんてどうかしています!」 思わず取材に居合わせた大御所コンサルタントが唸ってしまいました。 その驚きのソーシャルビジネスオーナーの全貌が、ビデオで明らかに・・・
登録期間終了しました。

のビデオを確認する方法は、とても簡単です。

「無料でオンラインプログラムを受け取る」ボタンを押すだけです。

その後、3分以内に、記入したメールアドレスに詳細なビデオの視聴案内が送られてきます。

ビデオがつまらなかった場合や、役に立たないと感じたら即座にメールの配信をストップすることができますので、ご安心してください。

ソーシャルビジネスオーナーは、集客や販売と言った、売り込みは一切無しで高収益が実現してしまいます。

しかも、その収入が長年、国から支払われることが確定します。

社会を良くして、他人も良くして、自分も良くするという三方よしの考えが無い人にはできないビジネスだからです。

独りよがりの短期的な欲望を満たそうとする人には向いていません。

なので、日本人が最も大切にしている「分かち合い」の精神で多くの困っている人を助けてあげたいと真剣に考えている、真面目で誠実な方にこのビジネスをお伝えしたいと思いました。

金儲けや、個人的な欲望を満たす目的で、このビジネスを闇雲に広める必要は無いと感じています。

そのため、いつまでも無料でプログラムを「売り込み」をする必要も感じていませんので、一定の人数と期間に達したら公開を終了させていただく予定です。

本物の成功者になるための方法「無料オンラインプログラム」を人数限定期間限定で公開します!

登録期間終了しました。
ナビゲーター後藤 勇人(ごとう はやと)

・一般社団法人「日本女性ビジネスブランディング協会」代表理事
・全国人材発展協会代表
・BKプロジェクト代表取締役社長 兼 CEO

米中学卒業後、山梨県の進学校に進学するも校内風土が合わず2年で自主退学。

その後、4年制の夜間高校に編入し、試験でその学校の過去最高得点を叩き出し、教員を驚かせる。

その結果、教育者の道を薦められ、教育系大学の推薦を受けるも辞退し、実力で勝負できる世界であり、好きな分野でもあった理美容業界に進むことを決意し、都内の専門学校に入学し主席を獲り成績優秀者として表彰される。

専門学校卒業後、都内の人気ヘアーサロン他1地店舗を経て、24歳の時に、知人友人から借金1000万円をして独立しヘアーサロンを開業。

毎月59万円の返済をしながら、3年で1000万円を完済。

順風満帆のスタートを切ったが、まもなく社員の謀反や横領など数々の試練を経験。精神的に挫折する。

しかし、持ち前の負けん気でビジネスを再構築し、32歳までにグループ4店舗、年収2000万円、1億円の自社ビル建設など、若くして成功を収める。

その後一冊の本の出版を契機に、コンサルティング、プロデュース業界に参入、
最終的には、グレコのギターで有名な世界のギターファクトリーフジゲン創業者、横内祐一郎氏の総合プロデューサーを務める。

ある時、著名なミスコンテストの日本代表のブランディングプロデュースを
サポートしたことをきっかけに、多くの女性クライアントが殺到、次々とステージアップさせ成功へと導く。

現在、女性ビジネスブランディングの専門家として、クライアントが全国から押し寄せる人気コンサルタントである。

一般社団法人「日本女性ビジネスブランディング協会」代表理事も務める。

著書に、2週間で増刷しヤフーニュースにも掲載された最新刊『なぜ「女性起業」は男の10倍成功するのか』やロングセラーで16500部突破中の『人生を変える朝1分の習慣』(あさ出版)など他多数。

ナビゲーター吉江 勝(よしえ まさる)

経営コンサルタント、広告会社代表、人材ビジネス会社顧問。

大学卒業後、商社、通信会社、不動産、自動車、人材派遣等、職を転々とする。

それなりの営業成績は残していたもののお金儲け主義の会社のやり方に反発して独立を目指すが・・・

会社の看板がなければ何も出来ない自分の無能さに気づき絶望する

会社も辞めてしまい、ギャンブル等で1000万円の借金を負い一時は自己破産寸前まで追い込まれるも・・・

独自に開発したマーケティングとセールス、それに潜在意識を活性化させたビジネスメソッドで短期間に完全返済を果たす。

スーパービジネスマン養成講座【SBM】という会員制コミュニティを立ち上げてそのノウハウを伝えたところ クライアントにも成功者が続出。

現在は、東証一部上場の自動車会社、流通会社、ホテルレジャー産業等~
中小零細企業、起業家、フリーランス、個人事業主等
1000人を超える クライアントを指導する経営コンサルタントとして常に半年~1年待ちの人気を博している。

2011年より韓国やハワイ等の海外企業のコンサルティングも手がけ国際的な活動も開始。

著書に「どんな人にも1つや2つ儲けのネタはある」 (青春出版)
「人生を好転させるたった2つのこと」(角川出版)
「出版で夢をつかむ方法」(中経出版)
「あたりまえだけどなかなかできない課長のルール」(明日香出版)
「サラリーマン長者」(講談社)等多数ある。

2017年よりフォーチュン500の米国企業のコンサルティングも開始!

講師杉中 忠(すぎなか ただし)

簡単でお金をかけない福祉事業立ち上げメソッド開発者
ソーシャルビジネスオーナー
福祉ビジネスコンサルタント

北海道札幌市出身、高校中退後、地元で年収350万円の会社員時代を過ごす。
28歳で妻と離婚。子供を残し、人生をやり直すため単身、名古屋へ移住を決意。

名古屋では「おくりびと」として、5000人の死に立ち会いながら、人生の目的を見失っていた自分に気づく。

体が不自由でも、命ある人の人生が、もっと輝くものになるお手伝いができる、社会貢献の仕事を本気でやってみたいという夢を実現するため、38歳で起業。

介護ビジネスに取り組み、居宅支援介護(ケアマネ)・訪問介護・介護タクシーを立ち上げるも、素人が仕事が取ることができず一時、廃業寸前まで追い込まれる。

ジリ貧の状態でビジネスをやりくりするも、介護特有の制度の限界を感じ、撤退も視野に入れながら新規事業を模索することに。

そんな中、ある人との出会いをキッカケに共同生活援助(障がい者グループホーム)を立ち上げる。

それからの業績は、毎年倍々ゲームのように年商が上がり続け、高収益福祉ビジネスオーナーまで成長を遂げる。

現在は、ソーシャルビジネスコンサルタントして、このビジネスに賛同する仲間を募集。

講師村中 信介(むらなか しんすけ)

株式会社しくみ作り研究所
多店舗展開構築プロデューサー

販売員、外商員、取締役、総務人事など様々な業界で、活躍をする裏の仕掛け人。

ソーシャルビジネスオーナーの最大の問題ともなる、不動産の確保について幅広い人脈と経験、知識を元に「絶対に断れない」オファーを提案することに成功。

現在は、杉中氏と一緒にソーシャルビジネスオーナーの開業支援を行う傍ら多種多様なビジネスの仕組みを裏で構築する仕事に奔走する日々。

持っている資格は、挫折した税理士試験の時に唯一3カ月の勉強期間で取得した「簿記2級と、3級」

簿記の知識があるためビジネスの収益シミュレーションについては豊富な知識と経験を元にクライアントの信頼を獲得。

座右の銘「今はできない」を「絶対できない」と間違えないようにで、関わる人のビジネスをサポートしている。

登録期間終了しました。